返済を滞納するとどうなる?キャッシングの返済が苦しい時どうするべきか

よく、お金を貸してくれた地域のキャッシング業者と返済トラブルを起こすと、ブラックリストに載ってしまうということがありますが、それが必ずしも悪影響を即座に起こすわけではありません。

 

そもそも「ブラックリスト」というリストは存在せず、指定信用情報機関に「金融事故」が掲載されることを、いわゆる「ブラックリストに載る」といいます。

 

では、1日でもキャッシングの延滞をするとブラックリストに載ってしまうのでしょうか。

 

結論からいいますと、その通りです。

 

それが大手消費者金融であろうと地域のキャッシング業者であろうと、1日でも延滞をしてしまえばブラックリストには載ってしまうのです。

 

しかし、その程度のブラックリストへの掲載であれば、他の貸金業者は「引き落とし口座にたまたまお金が入っていなかった」とか「うっかり返済日を忘れていた」と思うでしょう。

 

それが3回も起こってしまうようであれば、そうもいかなくなります。

 

特に、3回連続(3か月連続)で延滞をしていたり、これまでの延滞回数が6回を超えていたりすると、これは単なる「うっかり」ではすみません。

 

そもそもお金に困っているのではないか、またはお金があっても払うのを渋るような性格ではないか、と地域のキャッシング業者では考えます。

 

延滞が発生した場合には、払えなくても地域のキャッシング業者などにしっかりと連絡を入れておいた方が賢明です。

 

事情を話せば、多少猶予してくれたり利息の支払いだけにしてもらうなど、融通を利いてもらえる可能性がありますので。

 

連絡を入れたからといって、ブラックリストの情報がきれいになるとは限りませんが、地域のキャッシング業者としても、この人は返済する意思はありそうだ、との判断になります。

 

それすら怠ってしまうと、かなり厳しくなります。

 

現在利用しているカードは利用枠が縮小しますし、最悪利用停止となります。

 

それだけでは事は収まらず、一括返済を求められる可能性もありますので注意しましょう。