自営業だと審査に通りにくい?視点を変えて考えることが突破口

「鶏口牛後」という言葉があります。

 

大組織の末端に属しているよりも、小さな組織のトップに立てというような意味であり、大企業の歯車となるよりもSOHOなどの個人事業主を望む人にとっては、まさに金科玉条です。

 

しかし、資金面で考えると、個人事業主を取り巻く状況は必ずしも有利とは言えません。

 

まず、大企業は毎月比較的安定した収入を出せますが、個人事業主は月によって収入にばらつきがあります。

 

銀行に事業資金の融資をしてもらう際には、銀行は毎月の収入が継続安定しているかどうかを見ますので、その点では大企業の方がお金を借りやすい状況にあります。

 

また、大企業には「ネームバリュー」という信頼もあり、これも銀行から融資を受けやすい要因となっています。

 

個人事業主は、まとまったお金が必要な開業資金はもちろんのこと、運転資金やつなぎ資金すら借りるのは簡単ではありません。

 

プロミスやモビットなどの大手消費者金融の場合、個人事業主への対応は分かれています。

 

「事業性資金は融資しないので、個人事業主にも融資はしない」とする業者もあれば、「個人事業主も消費者には違いないから融資をする」とする業者もあります。

 

どちらの対応かに関しては、申し込んでみないと分からない面もあります。

 

中小規模のサラ金は個人事業主にも優しい

より確実に融資を受けたいのであれば、「中小のサラ金」がおすすめです。

 

中小のサラ金であれば、一般消費者はもちろん、個人事業主や法人にまで融資をしてくれます。

 

個人事業主が融資を希望する場合、より綿密な事業計画などを提出することが肝心です。

 

例えば、個人事業主として開業資金を融資してほしい場合には、開業資金が最低でどのくらい必要かを算出しなければなりません。

 

設備投資でどれだけお金がかかるのか、事業が軌道に乗るまでどのくらいの運転資金が必要なのか、それをしっかりと数字にして提出しましょう。

 

また、事業そのものの魅力をアピールすることも重要です。

 

中小のサラ金も慈善事業ではありませんので、利益が見込めなさそうな事業にお金は融資しません。

 

そのためにも、事業の内容はもちろん、マーケティングや販売方法などを詳細に「事業計画書」にまとめることが重要です。

 

<どうしてもお金を借りたいWEB|絶対お金が必要な方のキャッシング>トップページへ