審査に母子家庭であるというステータスは影響する?

母子家庭の方がキャッシングでお金を借りようとするとき、審査はどうなのでしょうか。

 

母子家庭が通常の家庭より審査において不利なのは、収入面においてです。

 

その収入面も、収入が多いか少ないかというよりも、収入が継続安定しているかを、大手消費者金融や街のキャッシング業者では重視しています。

 

配偶者が正社員で勤続年数も長ければ、その奥さんが大手消費者金融や街のキャッシング業者でお金を借りるのも、大して苦労はしません。

 

しかし、母子家庭でお母さんが働き手となると、その状況は少し変わってきます。

 

お子さんが小さい場合、急に体調を崩したりして保育園に子供を預けられず、その結果仕事を休まざるを得ないなどということがよくありますよね。

 

そうなると収入が安定しませんので、キャッシングの審査においては不利になってしまうのです。

 

とはいえ、大手消費者金融や街のキャッシング業者では、母子家庭だという理由で審査を不利に進める、あるいは審査を落とすということはありません。

 

貸金業者にとっては、お金を貸す人がしっかりと返済をしてくれればよいわけで、家庭環境はさほど重視しないのです。

 

それでも、やはり母子家庭だと審査に通るか不安、と思う方も多いでしょう。

 

その場合、大手消費者金融や街のキャッシング業者では、女性専用のキャッシングを実施しているところも少なくありません。

 

電話や店舗での受け付けもすべて女性スタッフが行いますので、その時点でまず安心です。

 

また、女性専用のキャッシングでは、同様のケースでの貸し出し実績が通常の貸金業者よりも豊富です。

 

経験則で、その人は融資をしても大丈夫か大丈夫じゃないか、それを判断する能力に長けています。

 

その結果、通常の大手消費者金融などでは断られてしまった方でも、女性専用のキャッシング業者では無事に融資をしてもらえた、というケースがあります。

 

母子家庭だからと悩んでいるのであれば、そのようなキャッシング業者に相談をすれば、親身に相談に乗ってくれますよ。